犬・猫・小鳥・小動物などのペットの健康相談、高度な診察・診療、しつけ方教室など対応。 獣医師募集も行っています。

ワンちゃんの背骨は、椎骨という円柱状の骨と、その間にあるクッションの役割をする椎間板から成り立っています。そのクッションのカバーがやぶれて、クッションわたがその上にあるトンネル(脊柱管)に入ってしまうと、トンネル中央を走る神経(脊髄神経)を圧迫してしまいます。
すなわち椎間板ヘルニアの症状は、圧迫された背骨の部分を痛がったり、歩きたがらなかったり、抱くとキャンと鳴いたりから始まり、進行するとその圧迫部分から後の神経の麻痺(後肢の麻痺、排尿・排便困難)などの重篤な症状になっていきます。
ミニチュアダックスやウェルシュ・コーギー、ビーグルなどの犬種では、一夜にして上記のような症状に進行してしまうことも少なくありません。

椎間板ヘルニアの治療

問診、一般身体検査、神経の反射検査を行い、状況によってレントゲン検査、血液検査を行います。
椎間板ヘルニアが疑われる場合には、24時間以内にCT検査にて、その部位、圧迫の度合を確認します。
オーナーさんと話し合いの上、外科療法、薬物療法、理学療法を組み合わせながら、治療プランを立てます。
(ただし急速に進行している場合には、ほとんどの例で外科手術が早急に必要になります)

[外科療法]

基本的には、
(1) 神経を圧迫している物質(ヘルニア物質)の除去
(2) 圧迫されている神経の開放の為に脊骨を削って脊髄神経の流れをとりもどす手術となります。
病変の位置や程度をCT等により確定して、それに適した術式をとります。
 herunia1 herunia2
[薬物療法]
椎間板ヘルニアに対して、ステロイドパルス療法(コハク酸メチルプレドニゾロンのパルス投与)、点滴薬剤投与などを選択します。

[理学療法]

椎間板ヘルニアに対して、ステロイドパルス療法(コハク酸メチルプレドニゾロンのパルス投与)、点滴薬剤投与などを選択します。
レーザー治療
レーザー治療に使用する半導体レーザー装置について 詳しくは手術設備をご覧下さい。
鍼灸治療
鍼灸治療について詳しくは自然療法をご覧下さい。
ウォータートレッド
ミルウォータートレッドミルについて詳しくはリハビリをご覧下さい。
 募集